トップメッセージ印刷をする

株主の皆様には平素より格別のご配慮を賜り、厚く御礼申し上げます。このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、これに罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。また、過酷な医療の最前線で長期にわたり戦い続ける医療従事者の方々に心からの敬意と感謝を表したく存じます。
61期上半期におきましては、アイレス針大手顧客における在庫調整等の影響に加え、外国為替相場が円高方向に推移したことにより減収・減益となりましたが、製品構成見直しの効果により経営効率は改善しております。また、昨年10月に発生したベトナム工場の火災による損失を計上したことや、前期多額を計上した保有株式の売却益が減少したことにより最終利益も減益となっております。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内外における拡大、ならびに活動の停止・自粛等の感染拡大防止策の実施に伴う当社業績への影響につきましては、合理的に算定することが困難な状況ではありますが、その影響を見込み61期通期予想を策定しております。
引き続き、更なる品質の向上、高い生産効率を目指した工程改善と自動化・省力化を積極的に進めてまいります。また、各販売拠点でのマーケティング活動を活発化することで「世界一の品質を世界のすみずみへ」を実現してまいる所存であります。
世界一の製品の開発・生産・提供を通し、世界の人々の幸福に貢献しつつ業績向上に努めてまいりますので、株主の皆様におかれましては、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年5月

代表執行役社長 髙井 壽秀