社長あいさつ印刷をする

患者のためになり、医師の役に立つ製品の開発・生産・提供を通して世界の人々の幸福に貢献する

当社の製品

当社は、医科と歯科の医療機器メーカーです。医科においては、手術用縫合針をはじめ眼科ナイフ・スキンステイプラー・針付縫合糸等の微小手術機器を主に生産し、歯科においてはファイルなどの根管治療機器やダイヤバー等の切削研削研磨刃機器を主に生産し、生産拠点は栃木県の2ヶ所とベトナムの2ヶ所及びミャンマーの1ヶ所、ラオスの1ヶ所の合計6ヶ所です。近時は、既往製品の生産工程の海外移管が進み、海外での生産が主となっています。一方、製品開発やそれによって産み出される新製品の生産は国内で行う体制を強化しつつあります。

 

当社の強み・特徴

寿命の長い治療機器のみを開発・生産しておりますので、長期にわたる品質改善とコスト低減活動の積み重ねができることが強みです。それによって医療機器に特有の要求品質を満たす品質固有技術を生み、更に効率生産固有技術を確立させることで、高品質と高利益率体制とを維持しております。当社は、生産機械及び製品の品質評価機械を自社開発しておりますが、この自社開発を通して固有技術に常に磨きをかけております。国内の医師や歯科医師のより良い治療のための「道具へのこだわり」(極めて高い要求特性)に応える製品開発力も当社の強みです。

目指すのは世界一の品質

当社の営業基本方針は「世界一の品質を世界のすみずみへ THE BEST QUALITY IN THE WORLD, TO THE WORLD.」で、すべてのグループ社員全員がこの方針を背にして、業務に臨んでおります。すべての製品を世界一の品質にすることこそが最大の営業施策であると考え、それを担保するために世界市場からの品質情報を基に、品質特性毎に世界一を目指すプログラム(定期開催される「世界一か否か」会議へ向けての一連のプロセス)を組み、目標達成に向け日夜努力を続けています。

トレードオフ(やらないこと)

以下のトレードオフを明確にして、戦略立案の基準にしております。
(1)医療機器以外扱わない
(2)世界一の品質以外は目指さない
(3)製品寿命の短い製品は扱わない
(4)ニッチ市場(年間世界市場 5,000億円程度以下)以外に参入しない
上記のトレードオフを守ることで、長期的な安定成長を目指しております。
どうぞ、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表執行役社長髙井 壽秀

 
社長プロフィール