研究開発のあゆみ印刷をする

  • アイド縫合針

    アイド縫合針

  • アイレス縫合針

    アイレス縫合針

  • 歯科用リーマ・ファイル

    歯科用リーマ・ファイル

  • 歯科用ダイヤバー

    歯科用ダイヤバー

  • マニプラー(スキンステイプラー)

    マニプラー
    (スキンステイプラー)

  • 眼科用ナイフ

    眼科用ナイフ

  • 歯科用実体顕微鏡

    歯科用実体顕微鏡

1959年 株式会社に改組。
1961年 世界で初めて、18-8ステンレス鋼製縫合針の製造に成功。
1966年 日本原子力研究所と研究契約を結び、縫合針のCo 60 γ線滅菌の研究を日本で最初に開始。
1967年 18-8ステンレス鋼製パイプ溶接ドリルド針の製造販売開始。
1971年 歯科用根管治療機器の性能及び製造方法の研究を開始。
レーザードリリング技術の研究開始。
1975年 第14回全国中小企業輸出見本市において、中小企業庁長官より優秀商品賞を授与される。
1976年 18-8ステンレス鋼製歯科用ブローチを開発、発売。
1978年 アイレス縫合針の糸取付機(Attaching Machine/日本PAT.7件及び米・英・独・伯PAT.)を供給開始。
1979年 公衆衛生大会において、公害防止優良企業賞を受賞。
歯科用リーマ・ファイルの製造技術(PAT.)を完成。
1983年 歯科製品の製造技術に対し、科学技術庁長官賞を受賞。
1984年 歯科用治療機器の発明に、特許庁長官賞を受賞。
1985年 歯科用ダイヤバーの製造技術(PAT.)を完成。
1988年 高真円度・電着技術による歯科用ダイヤバー販売開始。
代表取締役社長(当時)松谷貫司が科学技術振興功績者賞を受賞。
歯科製品の特許が科学技術庁「注目発明」に選定される。
1989年 (社)中小企業研究センター賞(全国表彰)を受賞。
1991年 世界最小27ミクロンのアイレス縫合針試作。マニプラー(スキンステイプラー)を開発。
マイクロ糸付機を開発。
1992年 関東地方発明展でマニプラーの意匠登録に特許庁長官賞を受賞。
1993年 マニプラー、滅菌済リーマ・ファイル、歯科用ピーソリーマ、眼科用滅菌済針付縫合糸を発売。
1995年 歯科用ゲーツドリルを発売。
1996年 「ISO9001」「CEマーキング」認証取得。
1997年 歯科用カーバイドバーを発売。
1998年 眼科用ナイフを発売。
2000年 MANIが保有する縫合針特許権に対する侵害裁判において勝訴。
歯科用RTファイル、Dファインダーを発売。
2001年 歯科用実体顕微鏡を発売、技工用ポイント、歯台築造ポストを開発。
2004年 「ISO14001」、「OHSAS18001」の同時認証取得。
マニプラーAZを発売。
2006年 NiTiファイルを発売。
2009年 硝子体手術用のトロカールキット(トロカール+カニューレ)を発売。
2013年 ステントグラフトの金属骨格を発売。