独創技術印刷をする

MANIの歴史は研究と技術開発の歴史です。独創的微細加工技術や独自の管理システムが確実に信頼性の向上に結びつき、世界の医療現場で広く採用されています。

主要技術

微細加工技術

縫合針穴部写真

縫合針穴部写真

昭和46年に研究を開始し、5年後世界で初めてレーザー穴あけアイレス縫合針を製品化しました。縫合針の末端部に穴をあけ縫合糸を挿入して接合することにより組織を傷付けにくい接合部とすることができ、従来にないスムーズな組織刺通性を実現しました。

・レーザー微細加工技術
・マイクロ刃付け技術
・アイレス縫合針糸付け技術
・マイクロプレス加工技術
・エッジ加工技術
・極細材湾曲加工技術
・極細材鍛圧技術
・極細材切削技術
・極細材センターレス加工技術
・極細材角錐切削加工技術
・極細材角錐捻り技術
・極細材螺旋研削技術
・バーブ加工技術
・砥粒電着技術
・医療用ステイプル製造技術
・微細熱処理技術

金属材料技術

一般のステンレス

一般のステンレス

マニーハードファイバーステンレススチール

マニーハードファイバー
ステンレススチール

18-8ステンレススチールに独自の精線加工を加え、靭性と硬度という相反する要素を追求し、独自の素材であるマニーハードファイバーステンレススチールを開発しました。これにより、折れにくく、錆びにくい縫合針を実現しました。

・金属組織制御技術
・ファイバー組織制御技術
・金属組成(成分)制御技術
・金属表面処理技術
・極細材高硬度制御技術
・加工硬化制御技術
・ステンレス熱処理技術
・ステンレス残留応力除去技術
・ステンレス・カーバイド溶接技術

試験評価技術

試験評価技術

蓄積された研究成果から得られる特徴ある固有技術と素材の特性を活かすべく、加工機に加え試験機も自社開発しています。独自の試験および評価技術を元に「世界一の品質」を追求しています。

・画像処理検査技術
・針刺通性能評価技術
・螺旋形状検査技術
・線状材曲げ試験技術
・ダクティリティー試験技術
・滅菌評価技術
・プレス・曲げ技術

その他の技術

・極細材搬送技術
・マーキング技術
・マスキング技術
・砥粒(粒度)制御技術
・インサート成形・接合技術
・超弾性合金加工技術
・滅菌包装技術
・減摩コーティング技術
・ナイフ切味技術
・フレキシビリティ増加技術
・刺通・縫合・結紮関連技術
・縫合針・縫合糸・縫合器技術
・根管治療機器技術
・回転切削刃具技術

特許情報印刷をする

「独創技術を持ち、将来利益を確保する」との経営基本方針に則り、当社が開発した製品・加工・製造技術については特許を取得し、権利確保に努めております。特に量より質の特許を重視し、アジアなどを中心に戦略的かつ積極的な特許取得を目指しています。

特許権取得状況

特許保有件数

国内外特許件数(2016年8月末現在)
359
(内、国外の件数:270)

国内外出願中件数(2016年8月末現在)
118
(内、国外の件数:98)