配当方針・株主優待印刷をする

配当方針

将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、連結配当性向を30%程度とし、中長期的には連結配当性向40%を目指しております。
当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の決定機関は、取締役会であります。
内部留保資金は顧客満足度向上のための品質研究投資、新製品・新技術開発のための研究開発投資、その新製品の生産設備投資、コスト競争力を高めるための海外生産拠点投資と国内合理化投資に継続的に充てております。

株式配当の推移

株主優待

毎年8月31日現在の株主名簿に記載または記録された300株以上かつ1年以上継続(2月末日及び8月31日現在の株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載または記録された状態をいいます。)保有の株主様に対し、3,000円分のクオカード1枚を贈呈しております。